シャリーを一から作り直し(レストア&カスタムし)てみた… の巻


4st mini レストア&カスタム熱

シャリーを一から作り直し(レストア&カスタムし)てみたの巻

 私(yochang)は大型バイクに以前乗ってて、そこからカスタムモンキー にハマりちっちゃいのなら自分でカスタムするコトも出来るんじゃない?っ的な…(笑 感じで 、一からコツコツと時間とお金を掛けて自分好みなシャリー(chaly)を作り上げました。制作途中、ネタや画像などが省略されてますが…(汗 ご参考程度にして頂けたらと思います。

 ‘20.6月中旬に某オークションサイトにて落札‼︎ 発送込みで部品取り車両48,000円也で購入して

到着が7月初旬

シート・マフラー…etc欠品有り。

 車輌は着たもののバイクをバラして作り直すのは初めてのコトです。まずは、『パーツリスト』整備要領書っ的な物をこれまた購入準備します。整備要領書これがわかってないと要らない型式の物を揃えてしまいます。(

 その間に全てをバラっバラに…(

 1日では終わりません。ここから変態っぷりななが〜いカスタム道にハマっていきます。(

このコロナ禍、本業もしながら解体していきます。(言う程忙しくはありません。(

 それと並行して必要なパーツを注文していきます。私(yochang)は変態な程こだわりがあるのです。まずはホンダ純正パーツ・国産メーカー物で中華物は出来るだけ使わない。(汗 でも、数点は使用してます。追々、変更したと思ってます。(

 

 フレームは綺麗な塗装状態でしたが色を変える為、塗装を剥いでいきます。これまた時間を掛けゴシゴシとやってるうちにミミズがはった様な錆がいろんな所の塗装の下から出てきました。(

 ガリガリ・ゴシゴシとやってもやってもキリがないので、結局は『剥離剤』を投入してサクサクっと作業を進めていきます。随分と作業に飽きてきてます。周りからは『なぜ、最初から剥離剤でしない?』っ的なコトを言われながら満足のいく状態まで持っていきます。

 それから簡単な錆止め処理をし下地塗装のプラサフを吹いていきます。

 季節的に真夏!夏真っ盛り外での作業はするものではありません。塗装用に少人数用のテント購入してましたのでその簡易塗装ブースにて塗装をしていきます。

カラー塗装は缶スプレーで失敗はありませんが…(汗 クリアー塗装を失敗しました。(

クリアーとシンナーと硬化剤の割合を間違えてしまい硬化剤の量が少なく混ぜてしまい後になって気付いたのでそのままで仕上げてしまいました。これが後々気になって仕方ないコトに…(

 次に12vエンジンをプチカスタムしていきます。50ccノーマルAB27エンジンを準備していたのでそいつを88ccボアアップ&強化クラッチ&強化オイルポンプ&エンジン内洗浄しました。(

 簡単にサクサクとblogでは書いてますが作業自体は順序は別です。色々前後してます。(

 

 エンジンを車体に載せるのも1人では結構大変な作業ですが、ある程度の道具&工具を持ってますので何かとお一人様でも大丈夫ですね。(

 フロントフォークを変えるついでに再塗装しました。(

 塗装が仕上がってしまえば組み立てていくだけです。純正部品をできるだけ使いボルトやナットは六角穴もので…(

 私(yochang)の大嫌いな配線&電気系の作業は後輩に手伝ってもらってで23日は掛かりました。(汗 以前、発注ミスって多めに購入してたヒューズがここで役に立ちます。(

チェーン&マフラーを取り付けて終了。(

後日、エンジン始動&ウインカーやホーンの確認をし駐車場内を試運転しました。後、登録(ナンバープレートの発行)と自賠責保険への加入手続きをします。

追加フロントフォークの交換&塗装とフレームの再塗装(‘21/11/某日)

再度バラっバラにします。(

 

 

最後に今回使用した純正部品(品番)や社外品の詳細などは有料にてまとめました。気になる方は是非ご購入をよろしくお願いします。(

https://note.com/yochang20blog/n/n4070366d111d

https://note.com/yochang20blog/n/n356b3ec18f2d

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »