旅行保険 おすすめ 各社 . 保険請求した 編


 最近は、国内外を問わず、休暇を利用して気軽に旅行に行く人が増えましたが、旅行保険に加入するべきかどうか迷う人も多いのではないでしょうか?

 自分は大丈夫!と思っていても、旅先で病気になったり、トラブルに巻き込まれたりする可能性は誰にでもあります。特に海外に行く場合には、旅先でのアクシデントに備えて旅行保険へ加入しておきましょう。

 国内旅行でも海外旅行でもトラブルに備えておくことは大切ですが、特に保険の加入を検討したいのが海外旅行に行くときです。

 というのも、海外は日本よりも衛生環境や治安が悪いところが多く、海外でトラブルに巻き込まれる確率は日本に比べて高いからです。

 旅行保険が補償する内容は?

 では、具体的に旅行保険ではどんな補償をしてくれるのでしょうか?旅行保険で補償される内容は多岐にわたります。

海外旅行保険から見ていきましょう。海外旅行保険の主な補償対象は、

・死亡した場合

旅行中に病気により亡くなった場合などに保険金が支払われます。

・病気やケガをした場合

旅先でかかった病気・ケガの治療費が支払われます。

・携行品(持ち物)に損害があった場合

身の回りの持ち物が盗まれたり、壊れたりした場合などに、保険金が支払われます。

・賠償責任を負った場合

誤って他人にケガを負わせたり、他人の財物を壊したりしたことなどによって法律上の賠償責任を負った場合に保険金が支払われます。

・手荷物の到着が遅延した場合

航空会社に預けた手荷物の到着が遅れたため、着替えなどを購入した場合に保険金が支払われます。

・家族が助けに来た場合

旅行中に病気やケガで入院し、現地に家族がかけつけた場合などに、交通費などかかった費用が支払われます。

続いて国内旅行保険を見てみましょう。国内旅行保険の主な補償対象は、

・死亡した場合

旅行中の病気や事故により死亡した場合に保険金が支払われます。

・病気やケガをした場合

旅先でかかった病気・ケガの治療費が支払われます。

・賠償責任を負った場合

誤って他人にケガを負わせたり、他人の財物を壊したりしたことなどによって法律上の賠償責任を負った場合に保険金が支払われます。

 保険に加入する際には、どのようなトラブルに備えたいかをよく考え、無駄のない旅行保険への加入を検討しましょう。

2種類の海外旅行保険

1 保険会社の海外旅行保険

 海外旅行保険に加入するのなら、保険会社から販売されている単体の商品を選ぶ方法もあります。

 保険会社の海外旅行保険の長所としては、充実した補償が挙げられます。クレジットカード付帯の海外旅行保険と比べて、病気やケガをしたときの補償は手厚く設定されています。治療費補償や救援者費用補償では、あらかじめ決められている保険金額を上限として病気やケガで入院・手術をしたときにかかった実際の費用が補償されますが、基本的に保険会社の海外旅行保険の保険金額の上限は「無制限」になっています。賠償責任補償についても、上限は1億円以上のタイプが多く、しっかり充実しています。

 また、保険会社の海外旅行保険には付帯サービスがあります。24時間・年中無休の日本語での対応窓口があり、“いざというとき”に次のようなサポートを受けることができます。

■保険会社の海外旅行保険の代表的な付帯サービス

〇電話による医療通訳サービス

〇医療機関の紹介・手配

〇医療情報の提供

〇弁護士の紹介・手配

〇パスポートやクレジットカードの再発行援助

〇飛行機や宿泊施設の紹介・手配

 さらに、保険会社の海外旅行保険で嬉しいのは、旅行先で病気やケガで治療を受けて高額な治療費がかかったとしても、一旦自分で立て替える必要のないことが多い点です。病気やケガによっては、旅行先での治療費は高額になることも少なくないので、キャッシュレスで治療を受けられることは大きなメリットだと言えます。

 ただし、保険会社の海外旅行保険で注意したいのは、必要のない大きな補償に加入してしまうことです。たとえば、何枚かクレジットカードを持っていて、実はクレジットカード付帯の海外旅行保険である程度の補償を持っている、ということも十分にあり得ます。そのような場合には、今あるクレジットカード付帯の海外旅行保険の補償内容を踏まえたうえで、「それだけでは足りない分」を補うようにして保険会社の海外旅行保険を検討すべきでしょう。

 また、先ほどクレジットカード付帯の海外旅行保険の補償期間は90日間だとお伝えしましたが、保険会社の海外旅行保険の補償期間はあらかじめ設定した「旅行の期間」のみです。もしも、何かしらの理由で旅行先に滞在する期間が伸びてしまったときには、それにともない補償が使えなくなってしまうことも考えられるので、その点にも注意は必要だと言えそうです。

2 クレジットカード付帯の海外旅行保険

 海外旅行保険はクレジットカードに付帯されていることがあります。クレジットカード付帯の海外旅行保険の良いところは、お手軽なところでしょう。旅行に行くたびに面倒な申込み手続きをする必要がありませんし、回数制限も特に設けられていません。

 また、保険会社の海外旅行保険の補償期間が旅行の間のみなのに対して、クレジットカード付帯の海外旅行保険の補償期間は1回の旅行につき90日間など長期間のものが多いので、海外旅行が好きな人にとっては手軽で魅力的だと思います。

 クレジットカードの年会費などが無料であれば、保険料も実質的にゼロ円です。

 とはいえ、クレジットカード付帯の海外旅行保険で注意したいのは、必ずしも補償が手厚いわけではないことです。

 たとえば、病気やケガの治療費をカバーするための「治療費用補償」ですが、クレジットカード付帯の海外旅行保険の場合、限度額がおよそ50万~200万円になっています。「それだけあれば十分じゃないの?」と感じるかもしれません。       

 しかし、前述したように海外では日本の健康保険を使うことができません。したがって、病気やケガの程度によっても違いはありますが、治療費がかなりの高額になることも考えられます。その観点からいえば、治療費用補償はもう少し手厚いほうが安心だと言えそうです。

 また、賠償責任を負ったときの費用をカバーする「賠償責任補償」についても同じことが言えます。

 通常の海外旅行保険の場合、賠償責任補償は1億円以上のものがほとんどですが、クレジットカード付帯の海外旅行保険では、賠償責任補償が2,000~5,000万円というタイプが多いようです。賠償責任リスクは、1億円近くの賠償責任を負う可能性がないとも言い切れませんから、少なくとも賠償責任補償は1億円以上あったほうがいいでしょう。

この点は、クレジットカード付帯の海外旅行保険だけだと、やや心許ないと言えます。

 さらに、クレジットカードの種類によっても変わってきますが、クレジットカード付帯の海外旅行保険では、旅先で保険金の支払い事由に該当したとしても、その費用を一旦立て替えないといけないことが多い、という点にも注意が必要です。もちろん帰国後に所定の手続きをすれば保険金を受け取ることができますが、一時的にではあれ、高額な治療費を肩代わりすることになったら決して負担は軽くないでしょう。

 クレジットカード付帯の海外旅行保険は、手軽にコンパクトな補償を準備できるところが魅力ですが、「本当にこれだけで補償は十分なのか?」という点は、しっかりと吟味するべきだと言えそうです。逆にいえば、海外旅行保険に加入した方は、「上乗せ」として活用することもできるでしょう。

旅行保険の加入方法

 保険代理店・旅行代理店などで保険のプロと相談して加入する方法があります。この方法のメリットは、保険の専門知識を持ったプロから直接アドバイスを受けながら、自分に合った海外旅行保険を選べるところです。

 海外旅行保険と一言でいっても、その種類はさまざまで、旅行の期間、旅行の目的、旅行の行先などによって、加入すべき保険も変わってきます。保険代理店・旅行代理店でプロに相談をすれば、専門的な視点から旅行者一人ひとりに合った保険を提案してくれるはずです。その意味では、「自分で保険を選ぶのは大変そう」「自分で色々な保険会社や保険商品を見比べるのは面倒」といった方にはオススメの加入方法だと言えます。

ただし、担当者によっては海外旅行保険の専門知識を持っていないこともありますから、ある程度はあらかじめ自分でも保険の知識をつけておくに越したことはありません。

 また、これも担当者次第ではありますが、中には営業熱心で必要以上に手厚いプランを勧めたり、押しの強い勧誘をしてきたり、といったことも無いとは言えません。保険以外についても言えることですが、担当者の言うことをそのまま鵜呑みにして従うのではなく、「この人の言っていることは本当かな?」「私には本当にこんなに補償が必要なのかな?」という風に自分の頭で担当者の言うことを検証してみるのも大切です。

 インターネット上で保険会社のサイトから直接加入する方法があります。

インターネットで加入するメリットは、比較的に保険料が割安な点でしょう。インターネット上からの保険加入は、担当者の人件費や店舗の維持費などがかかりませんから、そのぶん保険料が割安なことが多いのです。

 また、自分に都合のいいペースでじっくり保険を検討できるところも見逃せません。インターネット上の申込みについては、24時間いつでも受け付けているところがほとんどですから、自分の都合の良い時に保険を検討することが可能です。

 保険を選ぶときに担当者がつくのは、専門知識をもとにアドバイスがもらえることはプラスですが、あくまで担当者も商売ですから、時には加入を急かしてきたり、強く勧誘してきたりすることも考えられます。「加入を急かされているようで嫌だ」「自分のペースでゆっくり保険を考えたい」という方は、インターネットからの加入を検討してみるのも良いかもしれません。

 クレジットカードには一種の特典として、海外旅行保険が付帯していることがあります。

クレジットカードに付帯している海外旅行保険を利用するメリットとしては、会費などが無料のクレジットカードであれば実質的にゼロ円で海外旅行保険を準備できることです。また、この海外旅行保険はもともとクレジットカードに付帯していますから、事前の手続きや届け出はいらないものが一般的です。

 このようにクレジットカード付帯の海外旅行保険は魅力的ではありますが、先ほども触れたように、必ずしも手厚い補償のものばかりではありません。本当に補償が十分かどうかという点については、しっかりと吟味する必要はあると言えそうです。

遅延保険 … 損保ジャパン日本興亜 保険請求 してみた。

損保ジャパン日本興亜

新・海外旅行保険【off!(オフ)】

   今回、チャイナエアラインのお陰で帰る日にちゃんと帰れなかった トラブル で帰宅翌日に損保ジャパンへ一報をメールしました。こちらの旅行保険はお守りとして’13からずっ~と掛けてきてましたが … 遅延の為、初めて使用してみました結果の補償金額が997円でした。(笑)?(涙)?

 yochangは田舎暮らしの為、福岡空港 へは電車を乗って新幹線に乗り継ぎ、地下鉄 を乗り継ぎ 無料のバス で空港へ届けてもらいます。(汗) なので行き帰りの日にちが決まってます。公共交通機関は事前にその日にちで前もって購入してました。

 ですが、帰りの 新幹線特急料金 (指定席であろうが自由席であろうが…)が当日のみ使用で使用出来ません。改札口をすんなりと通してもらえません。しかも遅延で次の日に帰って来てますのでその日から仕事があります。(汗) すぐにでも帰れる新幹線は7分後でした。慌てて改札の方に証明書を頂き久しぶりのダッシュで無事に乗車出来ました。

 新幹線内での精算も考えましたがっ… 乗務員さんの都合上(お忙しくしてましたので)、最寄の駅にて精算するコトにしました。(汗) そこで領収書も発行してもらい 無事に帰宅し仕事をしました。

 yochangはいつも旅行に行く前に 損保ジャパン日本興亜 のサイトから 新・海外旅行保険【off!(オフ)】に入って… PAタイプ2,420円に追加オプション (遅延)を足して2,480円の合計保険料を掛けて行きます。

 …なので、手続きをしていく際に色々と準備が必要です。

それには

・パスポートの顔写真のページのコピー

・出入国印のページのコピー

・航空会社発行の遅延証明書(原本)

・E-チケット(元々の搭乗予定便の確認が出来る)

・チケットの半券(実際の搭乗便の確認が出来る)

・発生した費用の領収書(原本)

・航空機遅延に伴う自己負担金額申告書

… 等を作成・コピーし提出しないといけません。(汗)

 yochangは比較的に物持ちの良い色んな物を捨てられない人種でして… それが今回は役に立ちます。ですが… 資料作りはこの記事(文章)のように簡単ではありません。(汗) されたコトのある方ならわかると思います。

 色々と手違い・失敗・何度もやり直しが嫌なので資料を送って頂いた担当の方へ連絡をし、一つ一つつぶしていきます。電話での途中、担当の方から『国内に帰られてからの費用は出ませんよ。』っと言われ!?『はあ〜??』yochangは『旅行は家に帰るまででしょう?』って言いましたが担当の方にヤンヤン言っても仕方がありません。会社のルールです。(怒)

 遅延補償の 上限は2万円 までです。結局今回の補償金額997円… 時給計算じゃないですが割にあった話じゃないですよ。(笑)

 たった+60円で遅延補償費と思いましたが… いや、違います。通常の 保険(傷害死亡・後遺障害、傷害・疾病治療、賠償責任、携行品損害、救援者費用)+遅延補償 をされたコトのある方っていらっしゃるのでしょうか? 居ないとは思いませんがよっぽど宝くじ等を買われた方がいい方ですね。(持ってます) 大概の方はどちらか一方で請求されたと思います。yochangは2,480円払ってます。

 保険とはこう言うものよって言うなら保険会社(保険屋)をやった方がいいですよ。絶対に儲かります。ええ商売ですね。クレジットカード会社もです。(笑)

 yochangは航空券代+ホテル代は 海外旅行保険付きクレジットカード での購入です。なのでクレジットカードに付帯ですと通常の保険(傷害死亡・後遺障害、傷害・疾病治療、賠償責任、携行品損害、救援者費用)は補償してくれます。今後、yochangは旅行の時にわざわざ別に旅行保険を掛けて海外旅行に行くコトはないでしょう。(笑)

 ただし、これはあくまでもyochang自身が経験した一例というコトを忘れないでください。

 旅行での楽しみ方はひとそれぞれ違いますので、yochangの示したものが正解だととらわれずに、ご自身にあったやり方で楽しみながら事故の無いよう旅行の思い出を作ってくださいね。(笑)

◎海外・国内旅行保険 各社

・海外旅行保険ならソニー損保! 出発当日も申込OK  海外旅行保険

・海外旅行保険のAIG   海外旅行保険

・特定手続用海外旅行保険 ネットde保険@とらべる|三井住友海上   特定手続用海外旅行保険

・新・海外旅行保険【off!(オフ)】 | 【公式】損保ジャパン日本興亜

・ローソン@ほけんセレクト|ローソン公式サイト  国内旅行損害保険

・旅行・レジャーの保険|三井住友海上

海外旅行保険ならau損保

        国内旅行保険|au損保

トラベルアシスト海外|楽天損保

    トラベルアシスト国内|楽天損保

・旅行保険|商品ラインナップ|ほけんの窓口【公式】|保険比較・見直し・無料相談


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »