海外旅行 格安ホテル 予約サイト おすすめ 編


 ホテル予約 あなたはホテルを予約するとき、どのサイトを利用していますか? 特に、より安く泊まりたいという方は、比較・予約サイトを利用しているのではないでしょうか? でも、ホテルの比較・予約サイトはたくさんありすぎて、どこを利用したらいいか迷ってしまいます。そこで今回は、私(yochang)が厳選して「格安ホテル比較予約サイト」を比較・紹介してみました。

海外旅行や留学、出張などで少しでも安い海外ホテルを利用したいとお考えですね?

 結論から言います。以下の検索をすると、適当に調べるよりも短時間で効率的に海外格安ホテルを探す事が出来ます!

 海外ホテル予約サイトを比較してみると、海外の企業が運営する「外資系ホテル予約サイト」と日本の企業が運営する「日系ホテル予約サイト」があるコトに気付きます。

 外資系ホテル予約サイトは、ホテルの掲載軒数が多く、様々な宿泊施設を扱っているのが特徴です。口コミの数も圧倒的に多く、最低価格保証を行なうなど価格にも自信があるサイトが多いように感じます。ただし外資系予約サイトには、消費者保護の義務がないといったマイナス点もあります。日系ホテル予約サイトは、日本人向けにサイトが使いやすくなっており、サポート体制を含め信頼をおけるのが魅力です。

 海外ホテル予約サイトを世界規模で見ると、エクスペディアやホテルズドットコムの属する「エクスペディアグループ」と、ブッキングドットコムやアゴダの属する「ブッキンググループ」が人気を分け合う流れになっています。この流れは日本にも押し寄せており、JTBやじゃらんはエクスペディアと提携、楽天トラベルはブッキングドットコム、エアトリ(旧DeNAトラベル)は両社と提携しています。

【外資系ホテル予約サイト】

・Expedia(エクスペディア)

・Hotels.com(ホテルズドットコム)

・Booking.com(ブッキングドットコム)

・agoda(アゴダ)

・Trip.com(トリップドットコム)

【日系ホテル予約サイト】

・エアトリ(旧DeNAトラベル)

・じゃらんnet   

・JTB   

・アップルワールド 

・楽天トラベル 

 格安ホテルの比較予約サイトは、それぞれに異なる特徴があるのでこれを参考にして、あなたにぴったりの比較予約サイトをみつけてください。あなたはどんなポイントを重視してサイトを選びますか?

・Expedia(エクスペディア)

とは、ホテル・航空券やダイナミックパッケージ等の、旅行に関するオンライン予約を扱う、ウェブサイトおよびアプリ。 また、エクスペディア・グループは、アメリカ合衆国・ベルビューに本拠地を置くオンライン旅行会社であり、「エクスペディア」の運営のほか、ホテルズドットコムやトリバゴといった人気のホテル予約サイトも運営しており、エクスペディアはまさに世界最大のオンライン旅行会社多数のグループ企業を統括している。

・Hotels.com(ホテルズドットコム)

とは、ホテル検索機能が充実した、使い勝手が良いホテル予約サイトです。料金の絞り込み検索は、上限・下限額どちらも設定することができ、金額も1500円ごとに細かく検索できます。並べ替え機能も便利で、駅や観光スポットからの距離順に並べ替えられるなど他社とは差別化を図っています。自分の予算や希望条件に合わせて、ホテル探しできるのが魅力ですね。

・Booking.com(ブッキングドットコム)

とは、大手オンライン旅行会社のブッキングホールディングス(旧プライスライングループ)が運営するホテル予約サイトです。ホテル掲載軒数は世界一を誇り、その数は160万軒以上と他社を圧倒する多さとなっています。掲載されているのはホテルだけに限らず、個人経営のB&Bやアパートメント、ゲストハウス、バケーションレンタルなど、他サイトがあまり扱わないような宿泊施設も多数あります。

・agoda(アゴダ)

とは、ブッキングドットコムと同じブッキングホールディングスが運営するホテル予約サイトです。シンガポールに本社を置き、東京・香港・バンコク・クアラルンプールなどアジアを中心に支店を構えているため、アジア圏のホテル予約に強いのが特徴です。 他社サイトがあまり扱わないような、ホステルやゲストハウス等の宿泊施設も幅広く掲載しています。

・Trip.com(トリップドットコム)

トリップドットコム(旧シートリップ)は、世界200か国のホテル・航空券を扱う中国最大手のオンライン旅行会社です。日本での知名度は低いですが、米国ナスダックの上場企業であり、航空券比較サイト「スカイスキャナー」を買収するなど急成長を遂げています。

 トリップドットコム最大の特徴は、中国・台湾・香港・マカオなどの中華圏のホテル予約に強いコトです。他社にはないホテルが掲載されていたり、価格も最安値であるコトが多いです。

・Skyscanner(スカイスキャナー)

とは、航空券・ホテル・レンタカーを、世界の航空会社・旅行会社・ホテルなど約1200のウェブサイトから横断的に比較検索するウェブサイトおよびアプリ。月間利用者数は約9000万人、アプリダウンロードは累計8000万回、対応言語は約30、対応通貨は約70。

 行き先選びから航空券・ホテル・レンタカーの予約まで、あらゆる選択肢から選べるように。すべての人にとって、旅をよりよいものにしたい。旅の計画から予約までの体験を簡単に、シンプルに、そして楽しくしたい。旅にかけるお金と時間を、最も有意義に使ってほしい。そして、旅行業界の透明性や信頼性を高めたい。

 スカイスキャナーのあらゆる活動には、そうした思いがあります。私たちは、いつもあなたの味方です。そして私たちの誇りは、世界で最も信頼できる旅行検索サイトと認められていることです。

 スカイスキャナーは、Kayak、Momondo、Expediaなどに比べ高い評価を得ています。

・Surprice (サプライス)

とは、「H.I.S エイチ・アイ・エス」が運営する航空券比較サイトのコトです。

 このSurpriceは他の航空比較サイトと比べ「クーポンやキャンペーン」を多く行なっている事があります。そのため、運が良ければ他と比べさらに安く海外格安航空券を探す事が出来るのです。

 過去には「5,000円引きクーポン」なども発行されていました。旅行がまだまだ先の方は、お得な情報がわかるSurpriceニュースレターに登録しておいたほうがお得です。

 ・トラベルコ

とは、他の比較サイトでも結局、最安値は一緒と思っていませんか?

 同じ条件のプランでも、比較サイトによってかなり価格が違うコトがあります。比較できる予約サイトが多いほど、より安いプランが掲載される可能性が高くなり、さらに、同じ予約サイトのプランでも、比較サイトによって価格が違うコトもあります。

 日本最大級の1,500以上の予約サイトを比較できるトラベルコは、他より安いプランが見つかりやすいのです。ホテルでも航空券でもツアーでも、予約する前にぜひ一度、トラベルコで最安値を確認してみてください。

・エアトリ<エアトリ>

とは、株式会社エアトリインターナショナルです。国際・国内航空券・パッケージツアーの予約・販売、海外ホテル/鉄道などの予約・手配、海外語学留学の手配・コンサルティング、会報誌ワールドトラベラーの制作・発行及びFAXサービス、海外旅行保険・生命保険の代理店業を行う企業である。エボラブルアジアの子会社。最近は、有名芸人を起用したテレビCMでお茶の間にも知られるようになりました。

・じゃらんnet

とは、国内ホテル・旅館でお馴染みの旅行予約サイトです。国内旅行の時には、じゃらんで宿の手配をする方も多いのではないでしょうか。実は海外ホテルも扱っており、大手予約サイトのエクスペディアと提携しています。ホテル価格に関しては、エクスペディアと同じか少し高いくらいでしょうか。

・JTB

とは、日本を代表する旅行会社、JTB(ジェイティービー)の総合旅行予約サイトです。他社と比較してホテルの掲載軒数は少ないですが、見やすく使い勝手の良いサイトになっています。掲載されているホテルは「JTBとの契約ホテル」と「提携先との契約ホテル」があります。

・アップルワールド

とは、日本企業が運営する老舗の海外ホテル予約サイトです。他社に比べて知名度は落ちるかもしれませんが、分かりやすく使い勝手の良いサイトになっています。

 例えばエリア名からのホテル絞り込み検索では、他サイトの場合はそのエリアがどこにあるか分かりずらいのですが、アップルワールドはエリア分けされた地図が載っているので検索がしやすいといった特徴があります。

・楽天トラベル

とは、国内旅行の分野で、ライバルのじゃらんnetと人気を分け合う旅行予約サイトです。海外旅行を扱っているイメージが薄いかと思いますが、実は海外航空券や海外ホテルの予約もできます。

 特にネット通販の「楽天市場」や人気の「楽天カード」を利用する楽天ユーザーにとっては、見逃せない予約サイトになっています。これらの楽天サービスを利用すると「楽天スーパーポイント」が付きますが、海外ホテルの予約ではなんと5%も付与されます。

・HIS

とは、海外165都市274拠点/国内264店舗。街を歩いていると目に留まるブルーのロゴ。その光景、実は日本だけではないのです。

 世界各地でお客様の安心で快適な旅をサポートします。創業時から大切にしていた「お得」はそのままに「楽しみ」「安心」「特別」をご提供します。

 例えば、HISがハワイで運行するトロリーで、観光やショッピングを快適に満喫できます。また、HIS限定で「ルーヴル美術館」を貸切り、絵画などを鑑賞するツアーなども。

 HIS限定商品やサービスで、とっておきの旅をお得に叶えませんか?

豊富な商品と旅のスペシャリストならではのご提案・ご案内で、お客様がお捜しの旅を見つけるコトが可能です!またHISには、目的や旅先に特化した「専門店」もございます。

・ena(イーナ)

とは、海外航空券の自動販売機。 海外格安航空券から、ビジネス・ファーストクラス航空券にいたるまで、いつでも、どこでも、かんたんに、航空券が購入できるサイトです。

 国際線チケット・ホテル・ツアーのオンライン購入。銀行・支払OK。専門店ならではの低価格と豊富な品揃え。支払方法(コンビニ・振込など)も選べて便利! 24時間365日いつでも予約可。

 ・エイビーロード

とは、株式会社リクルートが運営する、海外旅行に関する情報検索のウェブサイトおよびアプリ。

 日本最大級の海外旅行検索・比較サイト100社超の旅行会社が提供する15万件以上の海外ツアー・航空券情報を検索&比較できる海外旅行情報サイトです。

 海外旅行の魅力や旬な情報を世界各国から発信しています。

 ・LINEトラベルjp

とはLINEの出資企業である株式会社ベンチャーリパブリックが運営する、国内外のホテル・ツアー・航空券の予約情報の検索・比較サイト(メタサーチ)である。

旅行に詳しい人が身近にいたら、現地情報やおすすめを聞けるのに…。LINEトラベルjpの旅行ナビゲーターは、そんな願いにこたえる存在です。

編集部が面接して厳選した、旅行に詳しいプロ集団が、自ら取材先を訪れ、その魅力をオリジナルの文章と写真で紹介しています。

「パワースポット」「温泉」など、ナビゲーターの得意分野は多岐にわたり、ニッチなテーマを得意とする人も。

その数は、500人以上。既存のガイドブックには載っていない、ツウな楽しみ方が満載です。そんな人が身近にいれば、安心して旅行を選ぶことができ、満足度の高い旅行を楽しめます。

 

 

 

 

海外格安ホテルを探すための4つの抑えるべき点

 ・最低でも3サイト使って比較しましょう。

・2~3ヶ月前に購入しましょう。安く購入できる傾向がある。

・最安と立地どちらも見ましょう。時間的価値に注目してください。

・格安だけで決めてはいけません。レビューの低い旅行代理店は利用してはいけない。

 

 

 - おまとめ …

海外格安ホテルの前提知識

 2~3ヶ月前に購入するコト。

 格安だけで探すと結果損をする。レビューの高い信頼できるサイトから購入する。

 値段だけでなく、立地・設備・空港からの時間的な価値にも目を向ける。

※そして、格安をお探しのあなたには申し訳ないのですが、格安だけで各ホテルを決めてしまうのは危険です。

 なぜなら格安を販売している代理店とのトラブルが多く口コミであり、お金が返ってこない / キャンセル出来ない /日本語に対応していない などの問題が発生する可能性があるためです。

 格安にはそれなりの理由があります。時期や場所によって価格は左右されるため、参考程度にご覧ください。

 旅行での楽しみ方はひとそれぞれ違いますので、yochangの示したものが正解だととらわれずに、ご自身にあったやり方で楽しみながら事故の無いよう旅行の思い出を作ってくださいね。(笑)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »