海外旅行 ファンティエット 観光・グルメ 編


 一番の目玉は広大な大地!1年中風が強く雨が少ないファンティエットには、鳥取砂丘のような、大きな砂丘がいくつか存在している。 ムイネーのリゾート地区から比較的近いのは「赤砂漠」。ここは、地元の子供たちから、プラスティックの板をレンタルし、ソリのように砂漠を滑って楽しむことが出来る。砂丘を自力で登らなければならないが、爽快感はバッチリ。

 足の疲れもなんのその、童心に返って何度でも遊びたくなってくる。

 少し遠方にある「白砂漠」は規模がもっと大きい。 ここでは、ジープや4WDのバギーに乗って砂漠を駆け巡ることが出来る。少し小さめの一人用のバギーと、大きめで二人乗りが可能なバギーがあり、どちらも自分で運転が出来るが、バギーの管理オフィスにいる子供が、勝手に操縦してしまう場合がある。 

 そうなると、もう、ジェットコースター以上の恐怖と疾走感。面白がったり、自分のテクニックをひけらかすかのように、あり得ないスピードや、角度で白砂漠を走り回る。

 身の危険さえ感じることもあるので、十分に気を付けて欲しい。

・白い砂漠の絶景を楽しむ

入場料 10,000ドン(50円)

バギーレンタル料 20分600,000ドン(3,000円)

値下げ交渉ができます

・妖精の渓流(スイティエン) 散策

「妖精の渓谷」と呼ばれる、なんともファンタジーな渓谷。

最深でも膝丈ほどの水位の穏やかな小川の両岸に、なんとも奇妙な奇岩が並んでいる場所である。 ここでは、靴を脱ぎ、水浴び気分で小川をジャブジャブとウォーキングするのが楽しい。

 20分ほど歩くと、小さな滝があり、そこで小川は終了。

滝はそれほど綺麗でもないので、途中で引き返しても問題ない。

料金 10,000ドン(50円)〜15,000ドン(75円)

・チャム塔

 7世紀頃からこの地域で繁栄繁栄チャンパ王国の特徴で一度 1832, ポッシャヌチャム塔は後半8日から9世紀にファンティエットと遠くの海岸線の景色を望む丘の上に腰掛けています. 実際には, 東南アジアの多くのChamsはイスラム教に改宗しました, しかし、ファンティエット地域のものはまだ彼らのヒンドゥー教の文化的価値観と伝統を守ります。

 遺跡自体は実にシンプルで、あっけない感じのものだが、バックには美しい太平洋が広がっていて、レンガ色のチャム塔と青々した海とのコントラストが実に美しい景色を作り出している。

時間 6時30分から17時30分まで

料金 30,000ドン

・ビーチホテルでまったり

 ムイネーは、オンザビーチのホテルが多いのも特徴です。ドアを開けたらすぐにプライベートビーチが広がるという、リゾート気分の盛り上がるロケーションを楽しめます。 ロッジやバンガロータイプのホテルがほとんどなので、人目を気にせず、自分だけのプライベート空間を満喫できるでしょう。

 恋人や家族、友人と贅沢な時間を過ごしたいのなら、ムイネーのホテルを検討してみてはいかがでしょうか。

 

 ファンティエットは普段の疲れを癒すのに最適な場所です.。あなたは、ビーチに飽きたとき, カイトサーフィンやゴルフ, 砂丘があります, 数多くの探検する賑やかなファンティエット市場、さらにはチャム寺. それは新鮮なキャッチに最高の状態で提供エキゾチックな海の食べ物を楽しむには本当に偉大なダイニングスポットです。旅には美味しい食事も欠かせない。 

 海沿いのレストランでエメラルドグリーンのきれいな海を眺めながら食べるシーフードは格別。

又、メイン通りにも、他のリゾート地のように世界各国の料理が手軽に食べられるレストランがぎっしり。さすがになんちゃって感はあるが、寿司を扱うレストランまである。

※ 日本円で数百円の違いなら安全・利便性の方を取りましょう。

※外国人は日本人ほど時間に几帳面ではない。

※海外でのサービスは有料です。日本では無料みたいな考えで嫌いですが…

 

 ただし、これはあくまでも一例ということを忘れないでください。 旅行での楽しみ方はひとそれぞれ違いますので、yochangの示したものが正解だととらわれずに、ご自身にあったやり方で楽しみながら事故の無いよう旅行の思い出を作ってくださいね。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »