google.com, pub-5798179889932653, DIRECT, f08c47fec0942fa0

国内・海外旅行におすすめ!スーツケースの選び方 編

海外旅行

 出張や旅行に欠かせないのがスーツケースです。 スーツケースは何年も長く使っていけるものので、できるだけ長持ちする耐久性の強いものを選びたいですよね。

  たくさんあるスーツケースの中から、自分の用途に合ったスーツケースを探すのは難しいと思います。

  海外旅行の荷物は何かと多くなりがちです。だからといって大きいスーツケースを選んでも、移動で苦労したり、開閉がたいへんだったりする可能性があるでしょう。

海外旅行時のスーツケースの最適なサイズは、いったいどのくらいなのでしょうか。

 今回はスーツケースを選ぶときに悩みやすいサイズや材質、失敗しない選び方のポイントなどのスーツケースの選び方の基本をご紹介します。

スポンサーリンク

機内持込み手荷物

機内持込み手荷物

 国内旅行がメインの方なら、泊数も少なめ&荷物も少ないと思うので、機内持込み手荷物のサイズで3辺の和が115cm以内のスーツケースがおすすめ。

 30~40リットルクラスは、機内持ち込み可のスーツケースが多いですしね。

国内外旅行で、このサイズのスーツケースは機内に持ち込んでしまったほうが時間も短縮できるし …

 最近安さで人気のLCC(格安航空会社)は、預け荷物(受託手荷物とも表現されます)が有料なので、なおさら機内持ち込みできるのが重要になります。

 機内持込み手荷物のサイズと重量は多くの航空会社で …

・3辺の和が115cm以内

・重量は7㎏前後

・加えて身の回り品1つまで持ち込み可能

となっています。サイズの制限について、持ち込み手荷物は、荷物の高さ、幅、奥行きが併せて115cm以下であればOKであることがほとんどです。具体的には、高さ55cm×幅35cm×奥行25cm以下のスーツケースであれば、115cm以内に収まります。このサイズのスーツケースの容量は、30~40リットルなことが多いので、3泊4日以下の旅行であれば、機内持込み手荷物だけで旅行することも可能です。航空会社によって、各辺数センチ程度誤差があるので、

注)航空会社が決まっている場合は最新の制限内容をチェックしたほうが確実です。

 預け入れ手荷物

預け入れ手荷物

 海外旅行なら、泊数が少なくても、何かと荷物も増えがち&お土産も増えがちなのですが、預け荷物(受託手荷物とも表現されます)のサイズで3辺の和が158cm以内のスーツケースまでが無料です。規定サイズを超えたものは、超過料金が発生してしまうので注意が必要です。

 60L以下がおすすめです。

 60Lのスーツケースは、大きさも絶妙で運びやすさもちょうどよい。

また、泊数が多いからといって、

60L以上のスーツケースを買ってしまうと …

 ・重いしっ

・大きくて運びづらいしっ

・保管しづらいしっ

  の3重苦。

 体の大きい男性でも、60Lのスーツケースでちょうどよい感じです。

女性なら、60Lよりも大きいものだと重い&持ち運びずらいので、60L以下がおすすめです。

ちなみに、お土産用のスペースが心配な時は、スーツケースの上にサブバックを乗っけて対応するとよいと思います。

  重量に関しては、航空会社によってバラつきがあります。フルサービスの航空会社であれば、基本的には機内持ち込み手荷物は7kg~10kgのところが多いです。

 LCC(格安航空会社)の航空会社の場合は7kgのことが多く、会社によっては5kg以下、というところも。LCC(格安航空会社)は預け入れ手荷物(受託手荷物とも表現されます)が基本的に有料。できるだけ機内持ち込み手荷物だけで旅行をしたいという方が多いと思います。LCC(格安航空会社)を利用する場合は、ソフトケースなどより軽量なスーツケースを選ぶ方が、無駄なく荷物を運ぶことができます。


ソフトケース vs ハードケース

どちらにも利点と欠点がありますので、以下を参考にお好みでお選び下さい。

 ハードケースの特徴はこんな感じです。

 利点

○ 日本人に人気で…

○ 軽量なものが多く…

○ しっかりとした鍵が付いたものも多く…

○ 雨に強い…

○ 中身に衝撃が伝わりづらく…

○ 右と左両方に分けて荷物を入れられるので荷造りしやすい…

欠点

× 一度閉めると荷物の出し入れがしづらい…

× 両開きなので荷物の出し入れに場所が必要…

× 閉じる時に片側を持ち上げる必要があるので重い…

× 傷やへこみが付きやすい。最悪割れる恐れがある…

 ソフトケースの特徴はこんな感じです。

 利点

○ 外国人には主流なので海外であまり目立ちにくいていい…

○ 小さいポケット付きもあり、荷物の出し入れがしやすい…

○ 片開きなので荷物の出し入れに少ない場所ですむ…

○ スーツケースを開閉し易い…

○ スーツケースが割れる心配がない…

欠点

× 中身に衝撃が伝わりやすい…

× 片側にしか荷物を入れられず、奥の荷物が取りづらい…

× 鍵が付いていないものが多い…

× 雨に濡れた時がちょっと心配…

  キャスター(タイヤ)の数は4本が断然オススメ!

  走行性を考えると4輪が圧倒的にオススメです。サイレント仕様のキャスターであれば尚良いでしょう。更に、電車内や坂道で転がるのを防ぐキャスターストッパー機能が付いていれば言うことありません。
ターンテーブルで間違えて持っていかれることもたまにある(汗)

  これは結構多いようです。

確かに市販されているものである以上、同じものは存在しますから注意が必要です。

 特に黒はビジネスマンを中心に使っている人が多く、似たデザインも多いです。

明るい色のスーツケースを選ぶメリットは、ターンテーブルで出てきた際に、遠くからでも見つけやすいことです。

 トラブル例で書きましたが、黒は似たようなものが多く、間違えやすいので、出来るだけ目立つカラフルなものをオススメします。

白や色の薄いものは傷が目立ちやすいです。

濃いめの色の方が、傷が分かりずらくなります。

  でも好きな色を選ぶことで愛着も湧くので、好きなカラーを選びましょう。

 TSAロックとは

 日本とアメリカを結ぶ線に関してはスーツケースを施錠することが禁止されています。それはランダムで中身の検査が入るからなのですが、TSAロックという特殊な鍵の場合は、空港職員が開ける鍵を持っているので、閉めても良いとされています。
 

 - おまとめ …


 - おまとめ …

 ◎荷物の預け方でサイズを選ぶ!!

 選び方は、荷物の預け方に合わせた スーツケース のサイズを選ぶ方法です。

  航空機における荷物の運び方には、貨物として預ける「預け入れ手荷物」(受託手荷物とも表現されます)と、機内に持ち込む「機内持込み手荷物」の2種類があります。」預け荷物(受託手荷物とも表現されます)は、各航空会社の定めるサイズや重量以内であれば無料で預けることができるので、規定内に納まるスーツケースを選べば、余分な出費を抑えることができます。

 目安として、スーツケースの総外寸(キャスターなども含めた縦・横・高さ3辺の合計)が158cm以内であれば、多くの航空会社に対応できます。なお、同じ航空会社でも、搭乗クラスによって制限が変わるケースがあるため、スーツケースを購入する前に確認しておくと安心です。

 一方、機内に持ち込む手荷物は、盗難やこじ開けなどの心配がありません。また、チェックイン時に預ける手間もなく、到着後もターンテーブルで待つことなく空港の外に出れて、時間の節約にもなります。機内持ち込みできるスーツケースのサイズも航空会社によって異なりますが、国際線の目安としては、総外寸115cm以内となります。ただし、鋭利な刃物や液体の総量など、機内持ち込みが禁止されている物がいくつかありますのでご注意ください。

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました
google.com, pub-5798179889932653, DIRECT, f08c47fec0942fa0