google.com, pub-5798179889932653, DIRECT, f08c47fec0942fa0

アジング & メバリング ジグヘッド 編

アジング&メバリング

ジグヘッドリグ

 メバリングとアジングではジグヘッドとワームを組み合わせた「ジグヘッドリグ」と呼ばれるルアー(リグ)が使用されています。

ジグヘッドリグはメバリング、アジングでは必須のルアーです。

  アジとメバルは同じリグ狙えるが、捕食の仕方に決定的な違いがあることをご存知だろうか。

 アジは目の前のワームを吸い込むようにバイトするのに対し、メバルは離れたところから飛びつくようにバイトしてくる。したがって縦の誘いが有効なアジングとは異なり、メバリングは一定のレンジをただ巻きで探る横の誘いが基本となることを覚えておこう。

 アジの場合は吸い込みやすいショートシャンクが好まれるが、口の大きなメバルは掛りやすいロングシャンクのモデルが多い。

 またメバリングでは根回りやシャローエリアを攻めることがあるため、強引なやりとりでも伸ばされないようにやや太軸に設計されている。

・初級:魚が勝手にかかる=向こうアワセで釣る

   : ただ巻きオンリーで魚が自動的に釣れるのを待つ

・中級:ただ巻きメインでアクションを入れまくる

   : 魚の向こうアワセ優先で状況によっては魚を掛けて釣る

・上級:全ての魚を掛けて釣る

   : フィネススタイルでの細かいシェイク

※向こうアワセ=魚がJH(針)を咥えて反転することで勝手に針に掛かってくれる事。

※掛けて釣る=魚のアタリがあったらティップを上げ、自分から積極的に針を口にかけていく行為。

ジグヘッドの種類

 アジング、メバリングで使用するジグヘッドは重さは0.3〜3gくらいまでとなります。

 ルアーフィッシングで釣果を伸ばすためには、状況に応じたジグヘッドの選び方が肝心です。

 複数の形状や細い種類は有りますが、主に以下の3タイプに分けることができます。

 砲弾型 スイム姿勢が安定(誘いと喰わせのバランス型)

 ヘッドが銃の砲弾型の形状のもの。銃弾は直進性が高いように、この形状のヘッドは水中でのスイム姿勢が非常に安定しているのが特徴。水を切り安定したス姿勢とアクションを併せ持ったバランス型のジグヘッド。

ただ巻きで使用されるがロッドでアクションを与えると左右にも動かせる。

 そして、派手なアクションよりはスロー引きしやすいので、群れを散らさず同じポイントで数を伸ばしたいならこのタイプがおすすめ。

 ナチュラルな誘いと喰わせ両方とも得意なバランス型で1番スタンダードなタイプのジグヘッドと言えます。

水流によってアクションさせたいワームの使用時に有効。

 水中を横へ引いてくるのに適しているので、アジではもちろん横方向に反応が良いメバルにもナイスです!スレたアジ、メバルに効果的ですね!

 流線型 ダートが得意(リアクションや誘いに特化)

 先端が流線型のジグヘッドは水流を切るようにして機敏に左右大きく動くのが特徴で魚を誘う釣り方に特化。日中に左右にピョンピョンとワームをダートさせ、魚のスイッチを入れてリアクションバイトさせる釣り方などに用いる。

 主にダートアクションで魚を誘い出す際に使用されるアピール重視のジグヘッドだ。低活性な時、または普通に引いてくるだけでは見切ってしまうようなアジ、メバルでもダートさせると興味津々。ついつい喰ってくるようなパターンがあります。そんなリアクション要素を持ったジグヘッド形状だといえます。

 使い方はラインスラッグ(糸フケ)を出しながらチョンチョンと軽く竿先で弾く様にシャクルことで左右に大きくダートします。

 丸型(ラウンドタイプ)水流を感じやすくフォールが得意

 ほぼ真下へストンと落ちるフォール重視タイプのジグヘッド。

砲弾型、流線型はラインを引かなくてもフォール中に多少移動するが、丸形のジグヘッドはほぼ真下にストンと落ちる。喰わせに特化した形状。

 フォールはアジやメバルにとって喰わせの間になるため、喰わせを重視するなら丸形のジグヘッドを選択しよう。丸形は感度も非常に良いので軽いジグヘッドでもアタリが取りやすいメリットもあります。

 特に細かいフォールが効くアジに特に効果的。

 丸い形状は360度全方位で水流を受けやすく、潮流の違いを感じやすく、1g以下の超軽量でもジグヘッドの位置を把握しやすいメリットがあります。

 ラウンドタイプには先端が凹んだジグヘッドもあり、こちらはよりフォール速度が遅くなるように作られています。

他にも、 レンジキープ型のジグヘッド

 ラウンドタイプの先が凹んでいるような形状で、水の抵抗を受けやすく工夫されているジグヘッド。水抵抗により、ゆっくりフォールさせたい、レンジをキープしたい場合に有効。また引き抵抗が高いのでリグがどこにあるか掴みやすいなどの特長があるジグヘッド形状。

 - おまとめ …

  最近はジグヘッド形状もどんどん新しいものが出てきているので、この3つに当てはまらないものもありますが…

 ワームジグヘッドの種類はこんなにもたくさんあります。そこにメーカーまで入るとわけがわからなくなってしまいます。何種類かに決めないと所有感で満足なだけになってしまいます。(笑) 

 1種類が無くなりそうになって買い足すコトをオススメします。釣具屋へ行って色々見るよりも海に出向くコトの方が色々と情報が得れて釣果に結びつきますよ。(笑) 

 釣果にともなってないyochangが言うのですから間違いないです。

アジングやメバルゲームでジグヘッドを使うとき購入するときの参考にしてもらえれば嬉しいです。

 

 

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました
google.com, pub-5798179889932653, DIRECT, f08c47fec0942fa0